カイロプラクティック 整体 横浜駅 マッサージ 腰痛 妊婦 横浜整骨院

カイロプラクティック 整体 横浜駅 マッサージ 腰痛 妊婦 横浜整骨院

保健室(体の豆知識)

食べ物と健康<2>

姿勢と内臓

 前回食べ物が身体に与える影響をお話ししましたが、腰や背中のコリが原因で内臓(胃や腸)に不調をきたす事もあります。そこで今回は、身体のコリが内臓にどのような影響を及ぼすかお話ししたいと思います。

 当院にも背中や腰が辛くて来院される患者様は多くいますが、中には胃痛や逆流性食道炎、便秘や軟便でお悩みの方もいらっしゃいます。これら消化器系の不調は内臓だけの問題と考えがちですが、必ずしもそうではありません。仮に内臓が傷ついていたり、臓器そのものに問題がある場合はそれが原因ですが、検査をしても特に異常がないにも関わらず、痛みや不調をきたしている場合、内臓の「はたらき」が乱れている事が原因で様々な症状を引き起こしている可能性があります。

 胃や腸の内臓の壁は筋肉で出来ており、その筋肉は神経(自律神経)からの信号で動いています。神経は脳から出て背骨の脇を通り内臓に伸びています。そして、この神経の通り道にある筋肉や関節がこり固まっていると神経の流れは阻害され、結果的に臓器のはたらきは乱れます。(内臓に「動け」という指示が出づらくなります)
 長期間、背中や腰の筋肉が固まっているとこの指令が上手く伝わらず、結果的に胃痛や胃の不快感、便秘など様々な症状を引き起こします。薬で症状の改善は出来ますが、あくまでそれは対処療法でしかなく、内臓に器質的な問題が無ければ原因は背中や腰のコリにあります。当院に通院されている患者様にも、背中の状態が改善したと同時に胃痛が出なくなった方や、施術を受けた翌日に便秘が解消された方も少なくありません。

 また、人間の内臓は隙間なくぎっちり詰まっていますが、猫背のような背中が丸くなっている時は内臓に負担がかかります。猫背になり背骨が丸くなると、内臓は背中側から物理的に圧迫され本来のはたらきを発揮出来ません。良い姿勢(背骨の生理的弯曲)が保たれている時は余計な負担が掛かりませんが、圧迫された状態が長く続けば当然何らかの症状となって身体に現れます。

 体調の管理方法は色々ありますが、食生活や身体の悪さを整える事で改善出来るものは意外に多いものです。薬やサプリメントに頼らない生活を目指しましょう!

ページの先頭へ